山岳安全活動における最良の実践方法に関する国際的な知識ベース.対象課題ごとに世界中の専門家によって開発された知識ベースです.
Mountainsafety.infoの
知識ベースにアクセス


AvaLife
MountainSafety.info には国際山岳ガイド協会 (IFMGA) ,
また科学領域において国立スイス雪/雪崩研究所(SLF/WSL) が準会員として,
 NATO 山岳戦術拠点(Center of Excellence of Mountain Warfare) が組織として賛助会員として加入しています.
国際山岳連盟 (UIAA) とMountainSafety.infoは提携関係にあります.
このプロジェクトはManuel Gensweinによって始められ,
"雪崩レスキューにおける最良の実践"の先駆者たちによるワークグループとともに発展してきました .
MountainSafety.infoの提供する素材を使って自分が教えるコースをデザインしてみよう!
以下の内容が利用できます:
  • 図版
  • 文章による説明
  • 教育補助
  • ビデオ
MountainSafety.infoは専門的な知識を次の方々に提供します :
山岳/雪山安全教育者, 山岳ガイド,山岳リーダー,スキーパトロール,組織レスキュー従事者,山岳戦闘教育学校,山岳会
  • 年次評価と更新
  • 事故回避とレスキュー
  • 雪,岩,氷,氷河,ナビゲーション,一次救命処置に関連した内容 など
  • 業務における運用方法と教育における最良の実践方法
  • 初心者レベルから専門家レベルまでレベルに合わせた内容の組み合わせ方
  • 様々なユーザーグループからの提案と意見に基づくオープンプラットホーム
MountainSafety.infoの知識ベースにアクセス
  • データへのアクセスは,データの利用形態に応じて,年間サブスクリプションおよ利用量に基づくライセンスのモデルによって決定されます.
  • 組織内の利用ユーザ数,国のGDPに応じた公正な価格設定をしています.
  • 支払われた使用料は,コンテンツの作者への報酬,ワークグループの運営費用,MS.iの運営費,特に将来のコンテンツ開発のために使用されます.
  • 利用者は,MS.i知識ベースのどのコンテンツを使用したいか,利用条件に基づいて自由に選択することが可能です.


Mountainsafety.infoの
知識ベースにアクセス